CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
若杉ばあちゃんの本
尋常性乾癬を完治させよう!というきっかけになった本の一つです。 若杉ばあちゃんの本のおかげで色々と勉強になりました。 食べることにまったく興味の無かった私が、今では料理まで するようになりました。 賛否両論あるでしょうが、多くの人に読んで頂きたい本のひとつです。
乾癬太郎のツイッター。
乾癬花子のツイッター。
ブログランキングに登録しました。
多くの人に尋常性乾癬という病気の事を知っていただきたい。そして乾癬で苦しんでいる多くの人々の完治に向けた何かのヒントになればと思い、ブログランキングに登録しました。 ブログがお気に召しましたら、ポチッとお願いいたします。 励みになります。 一日一ポチッと。笑
MOBILE
qrcode
<< アレルギー検査結果 | main | 乾癬の経過写真 2015.06.02 >>
土鍋で玄米
0

    我が家では土鍋で玄米を焚いています。


    こんな感じ...

    玄米の倍の量のお水を入れ
    (注※ 私が焚くときは量りませんが ^^;)

    昆布とお塩3つまみ

    そして日本酒を入れています。

    「玄米、火、水、土、昆布、塩、日本酒」のコラボです。

    ちょっと宗教っぽいかも...


    なんとなく、イメージは

    「神に捧げるメイン料理」という感じです。

    あ。やっぱり宗教っぽいな... 笑


    でもBGMは...
    「悪魔を憐れむ歌」が似合いそう^^;


    弱火です。

    沸騰までに時間をかけて焚きます。

    タイマーもせず、火加減も調整せず...

    ほったらかします。笑
    (注※ 私が焚く場合 ^^;)

    だいたい40〜50分

    火や水の量の具合によっては60分くらいで

    蓋の穴から出てくる湯気が

    ほんのりおこげの香りがしていきます。

    だいたいそれくらいで火を止める。

    大雑把ですねー。


    「簡単。美味い」

    ご飯を炊く。というより

    ご飯が炊きあがってくれる感じです。


    炊き上がりー。

    やわらかいごはんがお好きな方は

    2〜3時間お水に浸してから火を入れるとやわらかくなります。

    一晩浸けるのもいいですね。

    ただし、夏場は注意が必要です...


    玄米は固くて苦手...

    と言われる方がけっこういますが

    お水の量を倍にするだけで美味しく柔らかく炊けますよ。

    興味のある方は一度試してみてください〜。


    あ。

    「お塩は自然塩、日本酒は純米酒」でお願いします。

    そこ、一番重要です!



    いつも応援ありがとうございます。
    とても励みになっています。
    今日もポチッとお願いいたします。太郎と花子
                ↓
     
    乾癬(かんせん) ブログランキングへ
    | 調理器具 | 11:48 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする